川俣地区 伝統野菜 「川俣菜」

伝統野菜川俣菜のPRサイトです【公式】

MENU

菜の花が咲き始めました

久々の更新です

 

伝統野菜川俣菜は、アブラナ科なので。

秋に収穫しなかった株をそのまま畑に残しておくと・・・

 

菜の花が咲き始めます。

f:id:kawamatana:20210414094908j:plain

4月1日 栗山行政センター付近 畑にて(標高700m)

 

まだまだ小さいので、これからどんどん大きくなっていきます。

こちらは地域おこし協力隊でお借りしている畑での撮影📷

菜の花がとても美味しいので、食べるために残しておいたものです。

 

株が大きいままで越冬させると、次の春に出てくる菜の花も少し茎が太めになってしまいます。

そのため(というより偶然)9月上旬~下旬に種をまき、15cm程度成長したものを越冬させています。

細くて柔らかい菜の花がいっぱい出来ました。

kawamata-na.hateblo.jp

 

ちなみに・・・

 

本家である標高1,000mにある川俣地区ではまだまだ蕾の状態です。

 

f:id:kawamatana:20210414095417j:plain

f:id:kawamatana:20210414095508j:plain

4月8日 川俣地区 畑にて(標高1000m)

 

川俣地区の畑の菜の花は、種を採るためのものです。

このまま大きく育てて、菜の花を咲かせ。

刈り取って干すことで種が出来ます。

 

GWぐらいに花が咲き、6月末に刈り取り。

干して、7月上旬に種取りです。

種ができたら、すぐに土作り→種まき(8月上旬まで)と大忙し。

 

ちなみに川俣地区でないと、うまく結実しないのも面白いですよね。

 

この川俣菜の1年のサイクルも、少しづつお知らせできればと思います。